ヴァイスの最期

フィダック城 南

白鷺城こと姫路城、ではない、白鳥城ことフィダック城、この優美な巨大建造物はその南側もまた美しいのであります。バクラム領の最南端にあるこの城を落とし、続く侵攻作戦の橋頭堡に。

ベスティアリは次々と増援を呼びますが、今の神竜騎士団には焼け石に水。これを破ったは騎士団は続いて城内へ。

オズマとバールゼフォン

南側を破られ慌しいフィダック城執務室。総長タルタロスの護衛のためバールゼフォンは退城、迎撃にはグラシャス姉弟が当たることに。

… なんとかフラグやわ、このセリフ。

フィダック城 城内

城内で迎撃の任にあたるグラシャス姉弟。総長から高い信頼を得ている二卵性双生児の彼らは、作戦遂行を共にする機会も多いようですが、その性格は大きく異なるようです。

冷静沈着かつ全力の姿勢で任務に当たる姉のオズマに対し、弟のオズは軽口が多く不真面目な印象。悪役の理想形です。この顔立ちで武器が斧というのも素敵。

この姉弟は倒す順番でセリフが変わりますが、いずれも2人の人間性を垣間見ることができます。ちなみに同時に倒すと─

「ね、姉さん…… ごめん…… 出来の悪い弟で…… 本当にごめん……」

「いや…… お前は私の半身も同然…… 私こそ…… 助けてやれなかった…… すまぬ……」

黒カチュア

カチュアは暗黒騎士団にすっかり取り込まれている模様。間一髪で殺られるところでした。喪服だし。

カチュアはタルタロスと共にこの城を離れたのでした。これみよがしに。

ヴァイスの最期

ブランタがローディス教国を裏切ったことを示す生きた証拠、ヴァイス。タルタロスの暗殺に失敗した今、彼が生きていられる理由はありません。ここはハイムの処刑場。裏切りに生きた彼は、自らもまた裏切りによって処刑されるのでした。

ヴァイスの最期の言葉は─

─なぜデニム?

ヴァイスがデニムの存在を疎く感じていたのは事実でしょう。殺意があったのも事実でしょう。ではヴァイスは本当にデニムが嫌いだったのか…というと、これはどうでしょうか。いいえ、ヴァイスはデニムが好きだった、が正しい考察ではないかと思います。

親友として窮地のデニムを救った彼も、裏切りを繰り返してデニムを殺そうとした彼も、その行動原理を探ってみると、それはデニムへの執着=愛情へ帰結します。これを踏まえるとロウルートの彼もカオスルートも彼も、決して別人とは言えません。

ところでヴァイスの名前の由来について、まず最初に英語の "vice" 「悪徳」を想像するところですが、ドイツ語には "Weiß" 「純白」という単語があり、この対照的とも言える2つの意味にはヴァイスの二面性を感じずにはいられません。また同じくドイツ語の "Waise" は「孤児」という意味だったりもするので、このネーミングには本当に、恐れ入るところです。

こうしてヴァイスのいない4章へ─